友達はいますか?①~社会に出てからの友達とは~

友達はいますか?①~社会に出てからの友達とは~

友達はいますか?

 

貴女には社会人になってから
友達と呼べるひとは居ますか?

 

 

 

4月になりました。
新年度が始まりましたネ!
2022年4月5日(火)から
二十四節季の”清明”になりました。
清明は清浄明潔の略です。

 

木々の緑もみずみずしくなりました。

 

ストレスがアロマの香りでラクに!
身体に起こった変化とは?

でお伝えしたセージの
エッセンシャルオイルの香りの
イメージにぴったりの
躍動感に満ちたクリアーな季節です。

 

 

 

 

桜も見頃♪

 

 

 

 

新しい立場、新しい環境に
新しい人間関係。
もしかして、貴女も
新章がスタートする生活を送り始めた
渦中のひとかも?(≧◇≦)

 

 

こんにちわ(^^)
ふと目にしたアンパンマンを見て

 

 

 

 

 

ジャムおじさんて
絶対税金払ってねぇよな。

 

 

 

 

 

と思った私が
尾道の40代からの
リラクゼーションサロン
SweetMoonの
HPのひと、こじまです('ω')ノ

 

 

 

 

永遠のライバル 作:こじま

 

 

 

 

アンパンマンからみた食パンマンや
カレーパンマンは同僚。
友達ではないんですよね~。
釜めし丼は異業種の
ビジネス仲間ってところか(笑)

 

 

 

 

さて...

 

 

 

 

 

 

 

今日のテーマは
友達はいますか?
です。

 

 

 

 

 

 

 

ドッッキッ!ですね('ω')ノ

 

 

これ、40代に限らず誰だって一度は
深く考えたり真剣に悩んだりする
共通テーマじゃないだろうか?
寂しさや孤独と隣り合わせの
テーマでもありますよね。

 

新しい生活が始まった4月。
「友達ワード」が同時に
5つも耳に入ってきたSweetMoon。

 

そうか...。ついにこのテーマを
執筆する時が来たらしいな(・ω・)フッ

 

 

 

 

 

 

 

今日の記事ではSweetMoon的「社会人の友達論」を貴女とシェアしたいとおもいます。SweetMoonの浅野と小島が時々熱く語るテーマが『友達とは一体なに?だれ?』です。友達はいますか?シリーズは4部作でお届けいたします。

 

 

 

 

 

 

おそらく...

 

 

 

 

おそらく...

 

 

 

 

osoraku...

 

 

 

 

 

「友達と呼べるひとなんていませんよ。」
と貴女はお答えになるのでは!?

 

友達がいそうなあのひとも、
人氣者のアノひとも
たぶん同じじゃないの?

 

40代に突入するともう誰だって
仕事や家庭に埋め尽くされる日常がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事帰りの信号待ちの車の中で
爪を噛んで涙を流す。
こなすだけの毎日に救いを求める。
虚空を見上げた回数は
1度や2度ではないハズ。

 

こんな時にスマホをピッと押し
氣を使うことなく電話ができる
友達が居たらいいよねぇ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貴女には社会人になってから
友達と呼べるひとは居ますか?

 

 

 

友達って?

 

友達とは?

 

友達の定義って...なに!?

 

 

そもそもの疑問点ですね(笑)
特に社会人になってからは
わからんですよね。

 

もちろん、ひとによって
『友達』の定義って違うとおもいます。

 

 

友達なぁ。そうね。例えば

 

 

 

 

  • SNSのフォロワーも友達。
  • 相手の欠点を10個言い合えるのも友達。
  • 誰にも言えない相談ができるのも友達。
  • 学生時代から数えて30年。
    いまも連絡を取り合うひとも友達。
  • 一緒にサイクリングをする仲間も友達。
  • たとえ6年会ってなくても
    すぐに連絡が付く友達。

 

 

 

 

あたりですか。

 

 

なかには、職場にも友達と呼べるひとが
居るってひとも。(レア度high ↗︎)

 

友達と言えるひとなのか、
ただの仲間なのか線引きって難しい。
海外の陽氣な人みたいに
「私たち親友でしょ?」
ってお互いが言葉で
確認でもしない限り(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では

 

SweetMoon的、友達の定義とは?

 

 

 

その忙しい合間を縫ってでも

 

 

 

 

 

★電話やメール、対面を含めて
接触頻度が一定数*以上
ある関係性。
(*一定数はひとそれぞれ。)

 

★こちらから積極的に
連絡を取りたいと思える相手か。
思えたら実際に連絡を取った相手か。

 

 

 

 

だよな?と、
とりあえずの仮確定的な答えを
浅野センセと出してみました。

 

でもねぇ...。

 

たとえどんな親密な関係性でも
接触頻度が減ると友達感が
いとも簡単に減ってしまう
ことってありません!?

 

 

友達との関係性が変わる?

 

友達関係

時が経ちすぎて氣を使う!?

 

 

 

例えば貴女に
20年来の同級生の友達が
いるとしましょう。

 

ある時、
友達は結婚しあっという間に
出産をしました。
環境が変わったのです。

 

それからというもの...6年間。

 

彼女とはほとんど連絡を
取り合わなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性なら、結婚や出産を境に
パタリと連絡回数が激減する
ってケースをよく耳にしますよね。
貴女にも経験があるのでは!?

 

 

 

 

 

さあ、貴女にとってこの子は友達のままでしょうか?それともただの同級生になったのでしょうか?

 

 

 

 

 

長い時間が疎遠さを増大させると、
「友達って言っていいのか?」と
関係性すらあいまいになってしまう。
こういうケースもあると思うんですよねぇ。

 

 

 

 

なーんやコレ(・ω・)
非常に難しくシリアスで
デリケートな間柄だ(笑)

 

 

 

 

久々に会おうよ!って言えたら
こんなにも悩まないよね。

 

もしかして

 

自分は社会人になってからも
友達だと思っていても
相手はそう思っていなかったり?
相手を思い、使う氣の数々。
「忙しいんだろうし。」
「邪魔しちゃ悪いかな。」
って連絡を渋ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

では

 

 

友達関係を長く良好に
続けるために僕らが
できることって
あるんでしょうか?

 

それがねぇあると思えた
記事を次回に紹介します♪

 

なるほど!確かにしてない!って
いうハッとさせられた視点が
有名女性芸人さんの
インタビュー記事にありました。

 

友達はいますか?②~友人関係は努力~に続きます。

 

 

page top